画像処理検査装置・外観検査装置のヴィスコ・テクノロジーズ

私たちは、画像一筋です。ヴィスコ・テクノロジーズ株式会社

製品の特長
AIを使った検査

ヴィスコのAI

ヴィスコのAIなら、曖昧な検査基準の対象物でも大丈夫。形状・表面状態・光沢が一定でない対象物でも、
AIを活用することで既存の検査ツールでは不可能であった検査が実現できます。

撮像

撮像

従来の検査同様、検査に最適な光学系を選定し撮像を行います。

学習

学習

VTV-AI Studioで学習モデルを生成します。

AIツールでの処理

AIツールでの処理

AIツールで検査を実行します。既存の検査ツールと組み合わせることもできます。

従来の検査とAIのハイブリット検査

VTV-9000で、従来の画像処理検査とAI検査の両方を実行可能。従来の検査ツールとの組み合わせによって、双方の特性を補完し合うことで、外観検査をより強力に実行します。

従来の検査

ルールベース処理など、設定したしきい値をもとに判断するのが得意

AI検査

不特定の箇所に出現する異物の検出など、曖昧な検査基準でも判断しやすい

VTV-AI Studioで画像を使って学習

VTV-AI Studioは学習モデルを生成するソフトウェアです。
VTV-9000で画像を収集し、VTV-AI Studioで学習します。作成された学習モデルはVTV-9000で処理が実行されます。

VTV-AI Studioで画像を使って学習

AI分類ツールで指定したラベルに分類・判定

VTV-AI Studioで生成した学習モデルをもとに、AI分類ツールで入力画像を分類し、分類結果を出力します。形状が不定形なもの・光沢のあるもの・表面状態が一定でないものの分類に適しています。

AI分類検査の例

形状が似ている物の分類

従来の画像処理の場合、長さや面積、濃淡などの情報から、対象物がどのくらい似ているかを判定します。そのため、形状や濃淡が近い物を誤って「同じ種類」に分類する可能性も。
人間の目であれば、形状や濃淡以外の情報も併せて「異なる種類」として分類します。AI 画像処理は、人間と同じような感覚で分類が可能です。

錠剤の分類検査

錠剤の分類検査

人間の目なら2種の違いは明らか

従来の画像処理検査

従来の画像処理検査

同じ種類に分類

AI画像処理検査

AI画像処理検査

異なる種類に分類

ルール(しきい値)が曖昧な物の外観不良分類

従来の画像処理の場合、分類するルール(しきい値)が曖昧な物の良否判定は困難でした。AI 画像処理ならば、厳格なルールを設定しなくても、学習したルールに基づいた良否判定が可能です。

はんだの外観不良分類

はんだの外観不良分類

OK

「OK」に分類された物でも、見た目にはバラツキがある
従来の画像処理では分類は困難

NG

既存の検査ツールとの組み合わせ

分類結果ごとに検査内容を分岐する

IF分岐ツールと組み合わせることで、検査対象の一部を分類し、分類結果によって検査内容が分岐するタスクを作成できます。

検査対象の一部を分類

AI分類ツール

AI分類ツール

検査内容が分岐

IF分岐ツール

IF分岐ツール

検査対象の形状やサイズが異なる・位置がランダムな場合でも分類可能

ブロブ検査ツールで検出したブロブの中心座標を利用して、動的マルチ座標系ツールで複数の座標系を生成し位置決めを実行。それぞれの位置にある検査対象をAI分類ツールで分類することも可能です。

位置決め

ブロブ検査ツール
動的マルチ座標系ツール

ブロブ検査ツール 動的マルチ座標系ツール

分類

AI分類ツール

AI分類ツール

当社のご紹介

外観検査・画像処理検査に関するエキスパート集団として、業界をリードし続ける製品をご提供します

私たちは、外観検査・画像処理検査に関するエキスパート集団です。単なるメーカーではなく、画像処理アルゴリズム、光学技術、電気・機械の知識と経験を兼ね備える外観検査・画像処理検査装置メーカーとして、総合的なコンサルティングも可能とする、開発型エンジニアリング企業です。

お問い合わせ・サポート
各種製品に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
03-6402-4506(営業直通)
ウェブからのお問い合わせ
お問い合わせ弊社へのお問い合わせはこちらから
サポートホットライン技術的なお問い合わせはこちらから

お問い合わせ・関連情報

このページの先頭へ