画像処理検査装置・外観検査装置のヴィスコ・テクノロジーズ

私たちは、画像一筋です。ヴィスコ・テクノロジーズ株式会社

MatrixDefFinder
等間隔に配置されている複数の対象物も
設定・検査が簡単に

MatrixDefFinder

同じ形状のピンが並んだコネクタのピン部分を検査する場合などに有効です。
検査対象が直線状または格子状で等間隔に複数配置されている場合、基準点と行数・列数を指定する ことによって、対象の個体を認識し、個別に検査をすることができます。

登録

登録

基準となる一箇所を選択し、行数、列数を指定することで、複数領域の検査を一括で実行することができます。

設定できる検査方法

個別基準画像で検査

それぞれの検査領域に対して基準画像をそれぞれ登録して検査

登録

共通基準画像で検査

すべて検査領域に対して共通した基準画像で検査

登録

隣接差分検査

左側の画像を基準画像として検査
(一番左の対象領域は右側の対象領域を基準画像とする)

登録

当社のご紹介

外観検査・画像処理検査に関するエキスパート集団として、業界をリードし続ける製品をご提供します

私たちは、外観検査・画像処理検査に関するエキスパート集団です。単なるメーカーではなく、画像処理アルゴリズム、光学技術、電気・機械の知識と経験を兼ね備える外観検査・画像処理検査装置メーカーとして、総合的なコンサルティングも可能とする、開発型エンジニアリング企業です。

お問い合わせ・サポート
各種製品に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
03-6402-4506(営業直通)
ウェブからのお問い合わせ
お問い合わせ弊社へのお問い合わせはこちらから
サポートホットライン技術的なお問い合わせはこちらから

お問い合わせ・関連情報

このページの先頭へ