画像処理検査装置・外観検査装置のヴィスコ・テクノロジーズ

私たちは、画像一筋です。ヴィスコ・テクノロジーズ株式会社

DefFinder®
統計的に正しい良品で、
より高精度に安定した検査を

DefFinder®

良品を何パターンか登録することで、統計的に正しい良品を。
キズ、汚れ、異物などの外観上の欠陥を安定して検出・検査できるようにするソフトウェアです。

DefFinder®はヴィスコ・テクノロジーズ株式会社の登録商標です。現場で使用され続けて 10年以上の実績を誇る外観検査ソフトウェアです。

正しい良品を登録するには?

製造状態が変わると良品であっても、表面の色具合や、切断面、成形面で多少バラツキがあります。そのようなバラツキを前提とした検査アルゴリズムが必要です。

1. 濃淡のバラツキを低減

表面の色具合のバラツキは、濃淡のバラツキとして現れます。
これを正規化することで、出来るだけ登録した良品に近づけ、欠陥のみを抽出します。

2. 形状のバラツキを低減

ロボットがピッキングする領域に別の対象物や異物などがないか、周辺を判別。ピッキング可能な対象のみを選別します。

登録

工業製品は、いつも同じ環境・同じ材質で同じ製品を生産できるとは限りません。微妙ではありますがロットごとに違いが出ることがあります。
DefFinder®はその良品の微妙なバラツキを考えて、検査するソフトウェアです。

統計的に正しい良品で、より高精度に安定した検査を

ヴィスコが開発したオリジナル検査手法 DefFinder®

工業製品は、いつも同じ環境・同じ材質で同じ製品を生産できるとは限りません。
微妙ではありますがロットごと違いが出ることがあります。
DefFinder®は複数の良品モデルを登録することで、統計的に正しい良品画像を作成。
傷、汚れ、異物などの外観上の欠陥を安定して検出・検査、バラツキのある検査にも対応します。

良品のバラツキを考えて検査するDefFinder®

対応結果

ヴィスコの場合

統計的に正しい良品画像を
用いて検査をします。

↓

良品形状のバラツキや濃淡の
バラツキの影響を低減

↓

安定したNG検査を約束します

一般的な検査

サイズや明るさの違いによるバラツキに
対応するために、しきい値を甘くします

↓

本来なら欠陥と判断される製品が
OKと判断

↓

不良品が市場にでてしまいます

当社のご紹介

外観検査・画像処理検査に関するエキスパート集団として、業界をリードし続ける製品をご提供します

私たちは、外観検査・画像処理検査に関するエキスパート集団です。単なるメーカーではなく、画像処理アルゴリズム、光学技術、電気・機械の知識と経験を兼ね備える外観検査・画像処理検査装置メーカーとして、総合的なコンサルティングも可能とする、開発型エンジニアリング企業です。

お問い合わせ・サポート
各種製品に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
03-6402-4506(営業直通)
ウェブからのお問い合わせ
お問い合わせ弊社へのお問い合わせはこちらから
サポートホットライン技術的なお問い合わせはこちらから
このページの先頭へ