当社グループは、「画像一筋」を企業理念とし、画像処理技術を広める事により、豊かな社会づくりに貢献することを経営方針に掲げております。この企業理念および経営方針に基づき、当社グループは顧客の皆様のみならず、株主・投資家を始めとするステークホルダーの皆様に対して、当社グループを理解していただくためにも、迅速、正確かつ公平なディスクロージャーを実行します。その継続により、経営の透明性を高め、社会的存在としての企業の信頼性を追求します。この基本方針を社内外に周知するとともに、自らのディスクロージャーを常に、適正な基準、方法及び体制で実行するために、ディスクロージャー・ポリシーを以下のとおり定めます。

1. 情報開示の基準

1. 法令および適時開示規則に基づく開示

金融商品取引法等の関係法令および東京証券取引所の定める適時開示規則に従い、重要情報の開示を行います。なお、重要情報の認定は、当該情報の内容に応じ、社内のしかるべき関係部門間の協議を経た上で、情報管理責任者(開示担当役員)が行います。

2. 任意開示

関係法令および適時開示規則に基づく開示を求められないまでも、投資判断に資する有用な情報に関しては、適時性と公平性を鑑みつつ、積極的な開示を行います。なお、個人情報、顧客情報および関係者の権利を侵害することにつながる可能性のある情報については開示しません。

2. 情報開示の方法

適時開示規則に定める重要情報につきましては、東京証券取引所が提供する「TDnet(適時開示情報伝達システム)」において開示後、速やかに当社ホームページに掲載します。また、重要情報に該当しない情報につきましても、上記の情報開示の基準に従い、当社ホームページへの掲載等により広く開示します。

3. インサイダー取引の未然防止

当社は、重要な会社情報を適切に管理しインサイダー取引の未然防止を図ること、および公平な情報開示を行うことを目的として、社内規程およびマニュアルを定め、グループ社員全体への周知徹底と理解啓蒙を促進しています。

4. 沈黙期間

当社は決算(四半期決算含む)情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期末日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。この期間は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適時開示規則に従い、情報開示を行います。

5. 将来の見通しについて

当社が開示する情報は、開示時点における当社の判断による将来の見通しおよび計画に基づいた将来予測です。これらの将来予測には、リスクや不確定要素などの要因が含まれており、実際の成果や業績は見通しとは異なる可能性があることをご承知おきください。