画像処理検査装置・外観検査装置のヴィスコ・テクノロジーズ

私たちは、画像一筋です。ヴィスコ・テクノロジーズ株式会社

ロボット
高い検出精度でロボットピッキング、
正しい位置決め検査を実現

ロバスト性に富んだヴィスコの検査技術は、
さまざまな照明条件の下でも安定した検査が可能です。

検査実例

ハウジングの方向検査

容器ラベルの検査

こちらに掲載されていない実例も多数ございます。
検査の可否など、弊社製品に関するご質問がございましたらお問い合わせからお気軽にご相談ください。

お客様の声

超深度カメラは斜めから撮像するので、搬送系を干渉せずに設置できて助かります。
ランダムな向きで流れてくる対象物を確実にピッキングしてくれます。

こんな検査ができます

超深度カメラにしかできない斜めからの検査

ロボット搬送中の樹脂成形カップのラベルの位置ずれを検査します。高速での搬送を考慮して、カメラはカップの斜め下に配置しました。斜めからの撮像でも、カップ側面の上から下までピントが合い、高精度な検査が可能です。

豊富な機能で正しいピッキングを実現

表面、裏面を判別

同じ面を向いていなくても大丈夫!

検査対象物が全てロボットがピッキングする面を向いているとは限りません。RobotFinderなら表面と裏面の両方を登録・判別できるので、用途に応じた検査が可能です。

精度の高い2段階サーチで表面・裏面を確実に判別

表裏の判別可能なユニークな文字や記号などをサーチし、ピッキング対象かどうか、高い精度で判別します。

複数個の検出

位置決めの時間を大幅に短縮

一回のサーチ実行で同一の対象を複数検出でき、その検出した座標をシリアル/ネットワークで 出力することができます。

ロボットに合った座標系の出力

より多くのロボットに対応

画像処理では画像の左上を原点としますが、ロボットの場合、必ずしもそうではありません。専用の座標系を設定できるのでロボットに合った座標の出力が可能です。

チェックをいれるだけの簡単な設定


座標系・検出個数設定


サーチ設定

座標系・検出個数設定

検出した座標をロボットへ出力する際の座標軸方向・回転角度などをチェックを入れるだけで簡単に設定できます。

サーチ設定

表面・裏面のサーチモデルを登録、設定できます。

各種条件設定

表裏条件の設定、距離条件として距離の計測、周辺の判別などの可否、また周辺条件としてしきい値の設定ができます。

①距離を判別

重なっている対象物を除外!

対象間の距離を計測するので、対象物が重なっていたり、くっついたりして、ロボットがピッキングできないケースを判定します。

②周辺を判別

ピッキング可能な対象物を選別!

ロボットがピッキングする領域に別の対象物や異物などがないか、周辺を判別。ピッキング可能な対象のみを選別します。

当社のご紹介

外観検査・画像処理検査に関するエキスパート集団として、業界をリードし続ける製品をご提供します

私たちは、外観検査・画像処理検査に関するエキスパート集団です。単なるメーカーではなく、画像処理アルゴリズム、光学技術、電気・機械の知識と経験を兼ね備える外観検査・画像処理検査装置メーカーとして、総合的なコンサルティングも可能とする、開発型エンジニアリング企業です。

お問い合わせ・サポート
各種製品に関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ
03-6402-4506(営業直通)
ウェブからのお問い合わせ
お問い合わせ弊社へのお問い合わせはこちらから
サポートホットライン技術的なお問い合わせはこちらから
このページの先頭へ