VTV-9000シリーズは、BGA(Ball Grid Array)パッケージ(裏面)用の外観検査ツールとして、「BGA検査ツール」を搭載しています。専用ツールのため、ボール・パターンの登録など検査設定を簡単に行うことができ、すぐに検査が実施可能です。

簡単検査設定

BGAの機能の中でもっとも重要な項目の一つである「ボール・パターン」の登録と管理には、さまざまな工夫を凝らしています。

  • 登録可能なボール数は、100×100=10,000個(最大)
  • ボール切り出し(自動、手動)
  • 簡単にボール登録できる機能
  • ボールモデルは積算モデル
  • ボールモデルにマスクをかけることも可能
  • ボール毎のスコア、コントラストがチェック可能
  • ボール位置は、自動設定
簡単検査設定

検査項目の設定もあらかじめ用意されている項目を選択するだけの簡単操作です。

検査項目

  • ボール品質
    サーチスコア、コントラスト
  • ボール外形
    ボール直径、ボール真円度
  • ボール位置
    X差分、Y差分、XY差分
検査項目

豊富な検査項目と複合検査

VTV-9000シリーズは、BGA専用の検査装置ではありません。
汎用的なさまざまな検査ツール(パッケージ検出・検査、ブロブ検査、DefFinder®:汎用外観検査など)を追加することにより、さまざまな複合検査を実現します。

裏面

裏面

表面

表面

照明制御により2種類以上の照明条件で検査

1つの照明条件で検査が全て出来るわけではありません。VTV-9000シリーズでは、照明コントローラを使うことにより、画像処理装置側から、LED照明のON/OFFと調光制御が可能になりました。照明条件を切り替えることにより、検査項目にあった最適な照明条件で安定した検査を実現します。

照明制御により2種類以上の照明条件で検査

欠け検査

照明制御により2種類以上の照明条件で検査

異物検査

照明制御により2種類以上の照明条件で検査

関連リンク

  • リアルタイム照明制御