ウォーターシェッド(Watershed)とは

ウォーターシェッド(Watershed)を直訳すると"分水界、(川の)流域、転機、分岐点"というような意味になります。この処理は領域分割の手法の一つで、画像の輝度勾配を山と谷に見立て、谷に流れる川を山で囲まれた領域で分割をする手法です。

一次元でのウォーターシェッドの例

一次元でのウォーターシェッドの例

隣同士が完全につながったものなどをカウントする場合、ブロブ解析などでは同一のものとみなされてうまく分離できませんが、ウォーターシェッド処理を使えば分離が可能になります。

ウォーターシェッド処理