検査をする対象物をカメラで撮像し、その画像を2次元の面として解析することで、さまざまな検査を瞬時に行うものです。
これまで人間の目で行っていた「目視検査」に替わるものとして、研究・開発されている工業分野です。

画像処理検査では、次の5つの基本処理(D/P+GIGI)があり、それぞれが検査対象の状態を検査(チェック)するものです。
カメラで取り込んだ画像を検査(分析)することで、位置座標、有無、OK/NGなどの結果をひき出します。

技術の進歩とともに、活躍の幅にも広がりを見せています。

位置決め Guidance検査 Inspection

ロボットの目として対象物がどこにあるかガイダンスする

Guidance

良品と比較して欠陥があるかチェックする

Inspection
計測 Gauging認識 Identification

形状が直線でなくても、非接触で計測が可能

Gauging

バーコード、2次元コード、文字などの読み取り

Identification
有無 Direction / Presence

対象物の有無、どの方向を向いているか?

Direction / Presence