ヴィスコは「画像一筋」です

代表取締役社長 足立 秀之

ヴィスコ・テクノロジーズは、2003年の創業以来「画像一筋」を掲げ、画像処理技術の発展・社会への普及を目指してまいりました。

目視検査に近づく画像処理外観検査

当社では、画像処理技術が人間の目に少しでも近づくよう努力してまいりました。

"人間の目"といっても実は、目はただ物を見ているだけであって、実際には経験に基づく頭脳や、手、顔を動かして見やすくする動作などの、"見える"以外の要素がないと判断はできません。

そこで当社では、次のような"人間の目"に置き換わる為の技術とは何かという視点で開発を進め、"人間の目"に換わるような製品をご提供できるよう、日々努めております。

  • 経験 = 統計登録
  • 動作 = 4ch傷検査・PMS検査

幅広い応用分野 広がる可能性

当社の得意とする外観検査は、半導体や電子部品に広く使われていますが、あらゆる工業製品に対応可能な幅広い応用力のあるものです。技術の進歩により、今までは不可能であった分野への適用も可能となってまいりました。

人件費や製品単価を抑えるためには、工業製品生産の自動化は必須です。その最終工程である出荷前検査の自動化には、これからはさらに、画像処理検査装置が欠かせない存在になって来ることでしょう。

今までも、「画像一筋」 これからも、「画像一筋」

当社はこれからも画像技術を先鋭化し、世界中どこのお客様にも同じ画像処理ソリューションを提供できるような会社を目指し続けます。

ヴィスコ・テクノロジーズはこれからも、「画像一筋」です。

ヴィスコ・テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長
足立 秀之