SegmentDefFinderはヴィスコ社オリジナルの検査ツール、統計的に異物を判断する「DefFinder®」から派生したコネクタ単体やハウジングなど立体成形品の検査をよりスムーズに実行できる機能です。
一般的に工数のかかる設定も、SegmentDefFinderであれば、撮像した画像の中で任意の四角形を指定・細分化するだけで、その領域全てに同様の検査内容が適用されます。

登録

ある検査領域に対し、「等分割」か「不等分割」のいずれかを設定。これにより、検査領域が複数になっても一元管理が可能となります。

等分割

領域内の行方向、列方向それぞれ等しい分割幅にする。

補正値作成用のデータ取りをします

不等分割

分割領域内を任意の四角形に分割する。

 

実測値または図面値を準備します

不使用領域の設定も簡単に

不使用となる分割領域を指定の領域上でマウスクリックするだけで簡単に使用/不使用を切り替えることができます。

補正値作成用のデータ取りをします

設定できる検査方法

個別基準画像で検査

それぞれの検査領域に対して基準画像をそれぞれ登録して検査

登録

共通基準画像で検査

すべて検査領域に対して共通した基準画像で検査

登録

隣接差分検査

左側の画像を基準画像として検査
(一番左の対象領域は右側の対象領域を基準画像とする)

登録

DefFinder®シリーズ