ロボットが正しくピッキングするためには、ガイドとなる座標を正しく出力することが欠かせません。RobotFinderなら位置決めに、ヴィスコ独自のアルゴリズム、GradFinder®を活用。高い検出精度を実現します。

豊富な機能で正しいピッキングを実現

表面、裏面を判別

同じ面を向いていなくても大丈夫!

表面、裏面を判別 同じ面を向いていなくても大丈夫

検査対象物が全てロボットがピッキングする面を向いているとは限りません。RobotFinderなら表面と裏面の両方を登録・判別できるので、用途に応じた検査が可能です。

精度の高い2段階サーチで表面・裏面を確実に判別

表面、裏面を判別 精度の高い2段階サーチで表面・裏面を確実に判別

表裏の判別可能なユニークな文字や記号などをサーチし、ピッキング対象かどうか、高い精度で判別します。

複数個の検出

位置決めの時間を大幅に短縮

複数個の検出

一回のサーチ実行で同一の対象を複数検出でき、その検出した座標をシリアル/ネットワークで 出力することができます。

ロボットに合った座標系の出力

より多くのロボットに対応

ロボットに合った座標系の出力

画像処理では画像の左上を原点としますが、ロボットの場合、必ずしもそうではありません。専用の座標系を設定できるのでロボットに合った座標の出力が可能です。

チェックをいれるだけの簡単な設定

座標系・検出個数設定

座標系・検出個数設定

サーチ設定

サーチ設定

座標系・検出個数設定

検出した座標をロボットへ出力する際の座標軸方向・回転角度などをチェックを入れるだけで簡単に設定できます。

サーチ設定

表面・裏面のサーチモデルを登録、設定できます。

各種条件設定

表裏条件の設定、距離条件として距離の計測、周辺の判別などの可否、また周辺条件としてしきい値の設定ができます。

①距離を判別

重なっている対象物を除外!

距離を判別

対象間の距離を計測するので、対象物が重なっていたり、くっついたりして、ロボットがピッキングできないケースを判定します。

②周辺を判別

ピッキング可能な対象物を選別!

周辺を判別

ロボットがピッキングする領域に別の対象物や異物などがないか、周辺を判別。ピッキング可能な対象のみを選別します。